THE 北海道日本ハムファイターズ

北海道日本ハムファイターズの2chまとめ特化サイトです!北海道日本ハムファイターズファンの方々へ有益な情報を発信してきたいと思います。

    斎藤

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2019/02/10(日) 09:28:14.58 ID:XbYFyrSbH
     野球評論家の張本勲氏(78)が10日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演。日本ハム・斎藤佑樹投手(30)をバッサリと斬る一幕があった。

    【写真】清宮にホームランを浴びた斎藤佑

     番組では、プロ野球各チームのキャンプ情報を特集。日本ハムの米アリゾナキャンプでの斎藤のブルペンで練習する姿も放送した。

     司会の関口宏(75)から今季の斎藤について聞かれた張本氏は「大きく期待する方が酷だから」とバッサリ。その上で「中継ぎとか、何かで役割をしっかり指示してやった方が。先発完投のタイプじゃないんですよ」と指摘していた。

    引用元: ・張本勲氏、日本ハム・斎藤佑の今季に「大きく期待する方が酷だから」

    【張本勲氏、日本ハム・斎藤佑の今季に「大きく期待する方が酷だから」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/01/24(木) 18:41:07.27 ID:oM146S569
     メジャー流秘密兵器で復活だ。日本ハムの斎藤佑樹投手(30)が23日、千葉県鎌ケ谷市内の球団施設での自主トレで新アイテムを導入した。メジャーリーガーが使用する米国製の「フォーム矯正ギプス」で、オフに本場から取り寄せたもの。昭和を代表する野球漫画「巨人の星」で主人公・星飛雄馬が装着したことでも知られる「大リーグボール養成ギプス」さながらの逸品を使用した投球練習で目指すのは――。

     復活にかける斎藤が自主トレで熱心に取り組んでいるのが、投球フォームの修正だ。昨季途中からフォームの改良に取り組み、それまでケガの影響でかなわなかった「ヒジを肩上まで上げて力強く投げる高校時代のフォーム」を地道な反復練習によって取り戻し、次第に球威も回復してきた。現在は、残す課題になる制球難の克服に向け「力感のない、体のバランス感覚を使ったフォーム」の習得に向けて微調整を続けている。

     斎藤が理想とするのは「体の回転を無駄なく、うまく使って投げたい」。これまではリリース時に軸となる右足が、踏み出した左足の近くまで引きずるように運ぶため、エネルギーが分散していた。

     その点をどう解決するか? 頭を悩ませていた斎藤にヒントをくれたのが、昨季途中に加入した助っ人右腕マルティネスで「『向こう(メジャーリーグ)でよく使われているアイテムがある』と教えてもらったんです」。そのアイテムこそ、この日の投球練習から導入した米国製「フォーム矯正ギプス」だ。自身が通うジム「トータル・ワークアウト」の主宰者・ケビン山崎氏の協力で本場から取り寄せたという。

     気になるのは、ギプスの正体。「巨人の星」では上半身強化用だったが、こちらは下半身の矯正が目的だ。使用法と効果は、バネ状のバンド2本を右のかかとから腰に装着することで、リリース時に強制的に右足が上がるようになる。装着した状態で投球練習をひたすら繰り返すことで、右足を引きずらず、体の回転を最大限に利用したフォームを体に覚え込ませるわけだ。

     もちろん楽な作業ではない。この日もカメラで投球フォームを記録しながら、投げ込んでは映像をチェックする作業を繰り返した。地味な練習ではあるが、すべては完全復活のためだ。

     年頭には報道陣から今オフのテーマについて問われて「結果が出るまで言う必要はないと思うんです」と、あえて多くは語らなかったが、思うところはある。

    「今の自分の立場的に、先発でも中継ぎでも、与えられたところで投げることが僕の役割だと思うんです。どんな場面でも投げられる、監督に『使いやすい』と思ってもらえるような戦力になりたいんです」。闘志を内に秘め、今季こそ優勝への戦力に加わる。


    2019年01月24日 16時30分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/1256977/


    引用元: ・【野球】日本ハム・斎藤佑樹 リアル大リーグボール養成ギプスで復活目指す

    【【野球】日本ハム・斎藤佑樹 リアル大リーグボール養成ギプスで復活目指す 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/18(金) 15:52:45.69 ID:rlWhi3aU9
    日本ハムの斎藤佑樹投手(30)が18日、千葉・鎌ケ谷市の日本ハム2軍施設室内練習場でブルペン投球を行った。
    今月9~15日まで行ったグアムでの自主トレから帰国後、ネット相手に1人で投げ込むなど、昨オフから取り組むフォーム固めに向き合った。

    「投げ込み、走り込みをしっかりするなど、暖かい場所に行って体を動かしてきました」。常夏の島では午前中の投球練習から夕方5キロのロードワークまで6時間以上体をいじめ抜いた。
    「今すぐキャンプに行ける状態です」。引き締まったホオと体格が2・1アリゾナキャンプへ万全なコンディションで臨む覚悟を示していた。

    この日もシャドーピッチングを含め、約20分間の動作をビデオに取り込んだ。練習後は自らのスマートフォンで再生し、チェック。すべては理想のフォームに近づくための地道な作業だ。

    もちろん厳しい状況は理解している。「例年と違う?結果でしか分からないので」。シビアな数字でしか評価されないプロ野球で、再出発を図っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000102-spnannex-base
    1/18(金) 14:46配信

    引用元: ・【野球】日本ハム・斎藤「今すぐキャンプに行ける状態」グアム自主トレ帰国即投げ込み

    【【野球】日本ハム・斎藤「今すぐキャンプに行ける状態」グアム自主トレ帰国即投げ込み 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/16(水) 07:02:04.96 ID:d9X8YBUe9
    日本ハム斎藤佑樹投手(30)が15日、1週間にわたったグアムでの自主トレを打ち上げた。
    昨年に続いて、トータル・ワークアウトのケビン山崎氏に師事。
    体幹トレでは復活への“秘密兵器”を導入し「トレーニングと組み合わせることで、(投球)フォームも理想に近い良い感覚を手に入れつつあります」と、手応えを口にした。

    重点的に取り組んだのが「レッドコード」という器具を使ったトレーニング。ノルウェー発祥で介護施設などで普及したものだが、最近ではプロ野球界でも広がりを見せており、日本ハムへ移籍した金子も取り入れている。
    天井からつるされたひもに足を引っかけて体を動かすことで、普段は意識しにくいインナーマッスルが鍛えられ、柔軟性なども向上するとされる。股関節まわりの動きも変化し、投球フォームにもひねりが生まれるという。

    午前10時にウオームアップを始めてから、最後のメニューである5キロのロードワークを終えるまで約7時間。
    坂道ダッシュなども取り入れ、ハードな走り込みを続ける一方、ブルペン投球も継続してこなし「良い感覚の精度を上げるために例年以上に投げ込んで、フォームを固めている」と気合が違う。

    帰国後は2軍施設のある千葉・鎌ケ谷を拠点に練習予定。
    「アリゾナキャンプインに最高の状態で入れるよう引き続き頑張っていきます」。
    プロ9年目。勝負の1年へ表情は引き締まっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00448070-nksports-base
    1/16(水) 5:00配信


    引用元: ・【野球】日本ハム斎藤佑樹、“秘密兵器”導入し理想へ手応え「(投球)フォームも理想に近い良い感覚を手に入れつつあります」

    【【野球】日本ハム斎藤佑樹、“秘密兵器”導入し理想へ手応え「(投球)フォームも理想に近い良い感覚を手に入れつつあります」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/13(日) 23:17:33.99 ID:v+b8R8e79
    日本ハムの杉谷拳士内野手(27)が12日午後6時55分から放送されたTBS「ジョブチューン」(通常土曜後8・00)の
    「超一流プロ野球選手はスゴい!だけじゃなくこんなに面白かったんだ!SP」に出演。
    先輩チームメートの斎藤佑樹投手(30)から受けたとんでもない“いたずら”の顛末をぶっちゃけた。

    斎藤とは2学年違いながら「本当によくしてもらっている先輩」で普段から特に仲が良く、ロッカールームも隣だという杉谷。
    だが、整理整頓が得意ではないためロッカーはぐちゃぐちゃで、ある時、冗談半分で先輩の斎藤に「片付けといてくださいよ」とお願いしたのだという。

    すると翌日、杉谷のロッカーがスッキリきれいに。斎藤の優しさに感謝した。
    だが、あまりにきれいに片づけられていたため、気に入っていたバッグがなくなっているのに気づいた。
    それでも、きっとどこかにあるんだろうと思いながら過ごしていた1カ月後。壁に貼られた多くの写真の中の1枚にとんでもないものを見つけた。

    「カンボジアに寄付しましょうって色々な選手からかき集めた」という道具を手に喜ぶカンボジアの子どもたち。
    その写真の中に、満面笑みを浮かべながらジャンプする子どもの姿があった。
    その手には見覚えのあるものが…。「探してたものがカンボジアにあったんですよ!」。それが1カ月前にこつ然と消えた杉田のバッグだった。

    「どこに行ったんだろうな、あのバッグ」と思いながらその1カ月間は荷物を手に持って練習などの移動をしていたと打ち明けた杉谷。
    「斎藤さんもゲラゲラ笑ってました」と楽しそうに振り返っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15864740/
    2019年1月12日 19時54分 スポニチアネックス

    引用元: ・【野球】日本ハム・斎藤佑樹が後輩・杉谷に仕掛けたとんでもない“いたずら”その顛末とは

    【【野球】日本ハム・斎藤佑樹が後輩・杉谷に仕掛けたとんでもない“いたずら”その顛末とは 】の続きを読む

    このページのトップヘ