THE 北海道日本ハムファイターズ

北海道日本ハムファイターズの2chまとめ特化サイトです!北海道日本ハムファイターズファンの方々へ有益な情報を発信してきたいと思います。

    大田

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2019/03/17(日) 04:43:44.70 ID:Fno7sHtU0
    日本ハム大田泰示外野手(28)がロッテ戦(ZOZOマリン)の4回に、豪快なスイングで5号ソロを放った。12球団トップのオープン戦9戦5発。
    突き抜けるアーチ数を生み出すポイントの1つは、バットが地面に擦れるほどの極端に大きなフォロースルーにある。
    日本人離れしたパワーを生かす「ローフィニッシュ」を会得した貴重な右の長距離砲が覚醒する。

    大田の打球は角度よく左中間スタンドへ向かった。反比例するように、最後は左手一本で振りきったバットの先端は、打席内の土を削った。
    4回1死無走者。脱力した、それでも力強いアッパースイングで放った5号ソロ。地面に着くほどのフォロースルーとなった一振りについて
    「キレイに振れていると思います」。目指す打撃の形を体現しながら、着々と結果を積み上げている。

    好調を継続させているポイントの1つが、バット軌道へ対する意識だ。
    「弧を大きく描くイメージ。力感なく、バッティング練習みたいに飛ばすという感じです」。
    打球を捉えたインパクトの後も、最後まで大きなスイングを心がける。現代の日本人打者では希少な存在。
    楽天浅村、オリックス吉田正らが同タイプで、過去には王(巨人)門田(ダイエー)ら強打者の系譜に連なる。

    豪快でも理にかなったスイングだから結果を出せる。
    金子打撃チーフ兼作戦コーチは「しっかり軸で回りきっている。見逃しの中でも、スイング中も、スイングが終わってからも、両足、両膝の中に上体がある。
    だから、あそこまで回り切れている。後ろに重心が残りすぎたり、体が前に折れたりすると、無理。ああいうフォローで終われることは状態がいいから。
    今なら大田泰示か(メキシコ代表でオリックスの)メネセスか」と説明した。

    オープン戦9戦5発に加え、打率もトップの5割2分。
    大田は「まだまだピッチャーが本調子じゃないので。コーナーに投げられたら簡単に打てない。打撃に関しては満足していない」と冷静だが、突出した数字を裏付ける根拠を持っている。
    キャリアハイは17年シーズンの15本塁打。打席内の土を削るほど大きな弧を描くバットのように、軽く自分を超えていく予感が漂う。


    引用元: ・【悲報】日ハム大田、巨人時代に教えられたコンパクトなスイングを完全に捨てる

    【【悲報】日ハム大田、巨人時代に教えられたコンパクトなスイングを完全に捨てる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: pathos ★ 2019/03/16(土) 16:05:27.15 ID:6gOxORU59
    ◆オープン戦 ロッテ―日本ハム(16日・ZOZO)

     日本ハムの大田泰示外野手(28)が、1点リードの4回にオープン戦5発目となるソロ本塁打を放った。

     前日までオープン戦8試合でいずれも12球団トップの22打数12安打・打率5割4分5厘、4本塁打をマークしていた大砲。6番・右翼で出場したこの日は、第1打席は二ゴロに終わったが、4回の第2打席でロッテ・ボルシンガーの直球を完璧に捉え、左翼席中段に運んだ。

    引用元: ・【日本ハム】大田泰示がまたも豪快弾 オープン戦トップの5号ソロ

    【【日本ハム】大田泰示がまたも豪快弾 オープン戦トップの5号ソロ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/10(日) 15:20:46.60 ID:PQmTU75v9
    「オープン戦、オリックス-日本ハム」(10日、京セラドーム)

    日本ハム・大田が3戦連続となる本塁打を、2打席連続で放った。

    まずは2-2で迎えた三回。先頭で迎えた第2打席で、オリックスの先発・榊原の高め144キロ直球をフルスイングで捉え、右中間席へ運んだ。
    駆け足でダイヤモンドを1周し、仲間が待つ三塁側のベンチへ。試合に勝ち越すオープン戦3号で、笑顔でハイタッチを繰り返した。
    「甘い球を逃さずに一発で仕留められて良かったです」と手応えを感じさせるコメントをした。

    さらに、2点リードの五回1死の場面。2番手・荒西の変化球をバットの芯に乗せ、左中間席まで運び、オープン戦4号とした。

    前日の阪神戦では、左翼席へ特大の一発。この日の3打席目終了時点で、オープン戦打率・556と圧倒的な数字を残している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00000060-dal-base
    3/10(日) 13:51配信


    引用元: ・【野球】日本ハム・大田が止まらない 3戦連発、2打席連発でオープン戦4号 打率・556

    【【野球】日本ハム・大田が止まらない 3戦連発、2打席連発でオープン戦4号 打率・556 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/27(水) 08:04:09.70 ID:Yw42tYJF9
    沖縄で最後となった実戦でも快音を連発した。日本ハム・大田がヤクルトとの練習試合に「3番・右翼」で出場して2打数2安打。
    初回に右中間二塁打を放ち、3回は中前打で出塁した。
    「マイペースでやっているだけ。まだシーズンは始まっていない」とクールに振り返ったが、アリゾナから2次キャンプ地の沖縄に移動した15日以降、実戦は7試合で20打数12安打で打率6割だ。
    16年オフの巨人からのトレード移籍を契機にレギュラーを奪った28歳は
    「この2年は試合に出てフォームが固まったのでオフもドタバタしなくなった。だからこの時期に安打が出ているかも」と分析した。

    今月12日に左内転筋を痛めた中田が不在ながらチームは対外試合の6試合で計38得点(平均6・3点)。
    この日は高卒2年目でブレークの兆しを見せる清宮、台湾・ラミゴで2度も打率4割をマークした王柏融(ワンボーロン)も不在だったが、
    初回に浅間の先頭弾、4番・近藤の適時打で簡単に2点を奪った。
    「打順は最後まで考える」とうれしい悲鳴を上げる栗山監督は沖縄での全日程を終え「良い、悪い、全てを生かす」と表情を引き締めた。

    「ケガなく順調にこられてよかった」と話した大田が上位打線で機能すれば、破壊力は確実に増す。(山田 忠範)

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/02/27/kiji/20190227s00001173032000c.html
    2019年2月27日 05:30

    引用元: ・【野球】日本ハム大田「マイペース」で打率6割!7試合で20の12

    【【野球】日本ハム大田「マイペース」で打率6割!7試合で20の12 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/18(月) 02:15:26.94 ID:b+1H94ah9
    日本ハムの大田泰示外野手(28)が17日、阪神との練習試合(宜野座)で2戦連発となる特大の推定140メートル弾を放った。
    5回裏から右翼の守備に入ると、7回の第1打席で阪神のドラフト4位・斎藤友貴哉投手(24)=ホンダ=から左越え弾。初球の内角高めの直球を一振りで仕留めた。

    16日には紅白戦でドラフト1位・吉田輝星投手(18)=金足農=から中越え弾を放ち好調をアピール。
    「自分が打席もらった時に自分のプラスになるように終われればいい。
    シーズンに入ると結果出さないといけない。今はやりたいことできているからいいんじゃないですか」と手ごたえをにじませた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00000194-sph-base
    2/17(日) 23:37配信


    引用元: ・【野球】日本ハム 大田、2戦連発の推定140メートル弾「今はやりたいことできている」

    【【野球】日本ハム 大田、2戦連発の推定140メートル弾「今はやりたいことできている」 】の続きを読む

    このページのトップヘ