THE 北海道日本ハムファイターズ

北海道日本ハムファイターズの2chまとめ特化サイトです!北海道日本ハムファイターズファンの方々へ有益な情報を発信してきたいと思います。

    ボールパーク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2019/03/13(水) 18:27:38.34 ID:FbKDfPeLa
     ファイターズのボールパーク開業に向けて設置が検討されている新駅について、JR北海道が駅複合型の商業施設とする構想を球団などに提案していることがわかりました。

     JR北海道島田社長は「商業施設と合築させることによって費用の分担などをもう少し工夫することが可能なんではないかと」語りました。
    島田社長はきょうの会見で北広島市のボールパークに隣接する新駅について、商業施設と一体化した駅舎とする構想を先月、球団や市に提案していたことを明らかにしました。

     建設主体を増やすことでJRの費用負担が減る可能性があるとしています。

     JRはファイターズのボールパーク開業に向けて新駅の設置を検討中で球団などと実務者協議を行っています。 

    引用元: ・【速報】JR北、日ハムボールパーク新駅に複合商業施設の構想を提案

    【【速報】JR北、日ハムボールパーク新駅に複合商業施設の構想を提案 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2019/02/27(水) 19:48:18.21 ID:8TKzxRbmH
    北広島市で2023年3月の開業を予定するプロ野球北海道日本ハムの新球場を核とするボールパーク(BP)の交通アクセスについて、市、球団、BP準備会社、JR北海道の4者のトップが27日午前、市役所で会談した。

    球場の観客のうちJR利用は全体の4割と想定され、4者は開業までに北広島駅の大規模改修を行うことを確認。新駅整備については設置に向けて協議を進めるとした。

     会談は市が呼びかけ、上野正三市長、北海道日本ハムの竹田憲宗社長、BP準備会社「北海道ボールパーク」の福田要社長、JR北海道の島田修社長が出席した。4者の会談は初めて。

    ■JR社長、新駅整備「明言できる段階にない」

     市や球団側はBPに隣接する新駅の整備を求めているが、JRは市内共栄のBP予定地から約1・5キロ離れた北広島駅の改修を優先し、新駅整備については他の交通手段の整備などを見極めながら、慎重に検討する方針。
     4者は会談で《1》BPの交通アクセス向上を進める《2》北広島駅についてはBP開業までに安全対策を整備する《3》新駅については設置に向けて協議を進める―などで一致した。4者は今後、月1回程度、実務者会合を開く。 

     会談は、冒頭のみ公開され、上野市長は「大量輸送機関のJRの存在は大変重要だ」とあいさつした。JRの島田社長は会談終了後、新駅整備について「バスなど他の交通手段はどうなるのか。明言できる段階にない」と述べた。


    引用元: ・日ハムボールパーク構想、JR北広島駅改修を優先!JR社長、新駅整備は「明言できる段階にない」

    【日ハムボールパーク構想、JR北広島駅改修を優先!JR社長、新駅整備は「明言できる段階にない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/16(土) 09:58:47.72 ID:EWjmHvC+9
    北海道北広島市は2019年2月12日、2023年春の開業を目指すボールパークに関する新年度予算案を明らかにした。
    北海道放送などが報じたもので、報道によるとボールパーク関連の新年度予算案は20億円を超えるものになるという。

    きたひろしま総合運動公園の敷地内に建設が予定されているスタジアムは、総工費およそ600億円で3万5000人収容の施設で、23年度からプロ野球日本ハムの新たな本拠地となる。

    来年5月着工、天然芝地上4階の豪華スタジアム
    日本ハムが掲げる新本拠地のコンセプトは「"北海道のシンボル"となる空間を創造する」とし、「世界がまだ見ぬボールパーク」を目指している。
    スタジアムは、開閉式屋根を備えた地下1階から地上4階までのもので、天然芝フィールドになる予定。
    20年5月に建設着工し、23年春の開業を目指す。

    今回の予算案は、ボールパークの道路新設や道幅拡張にともなう測量、設計費など13億円7800万円を計上。
    報道によると、きたひろしま総合運動公園の用地取得費などと合わせると、総額20億3800万円にのぼり、ボールパーク予算財源の半分以上が市の借金になるという。
    市は税収が見込まれ、上野正三市長は借金返済に自信を見せているというが、ファンからは心配の声が上がっている。

    日本ハムのファンがまず懸念するのが膨れ上がる予算だ。ネットでは2020年東京五輪・パラリンピックを例に挙げて今後の予算増を不安視する声や、増税を懸念する声も。

    「結局市頼りで大丈夫なんだろうか?」
    「自分達の税金を投入、更に借金、子供、孫の代につけを払うことにならないよう願います」
    「オリンピックとかもだけど何故か不思議と費用が増えてしまうので少し不安があります。」
    「結局市頼りで大丈夫なんだろうか?」
    北広島市の構想では、スタジアムの周辺にショッピングモールやホテル、レジャー施設が建設される見込みで、上野市長も大きな期待を寄せる。
    3万5000人収容のスタジアムに加え、周辺施設の来客が見込まれるものの、ここで不安視されるのがアクセス手段だ。
    主な交通手段として想定される鉄道の最寄り駅は、新駅建設か北広島駅で対応するかはまだ決まっておらず、不透明なまま。
    これもファンの心配の種となっている。

    秋田・金足農高の吉田輝星投手(18)の加入で今シーズンは大いに注目される日本ハム。
    新球場は開業後10年間で約8000億円の経済効果をもたらすとの試算もあり、北海道の新たな観光スポットとしての期待がかかる。
    開業予定まであと4年。直面する課題の解決が急がれる。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16029162/

    引用元: ・【野球】日本ハムの新本拠地、「膨らむ予算」に心配の声 経済効果は見込まれるが..

    【【野球】日本ハムの新本拠地、「膨らむ予算」に心配の声 経済効果は見込まれるが.. 】の続きを読む

    このページのトップヘ