THE 北海道日本ハムファイターズ

北海道日本ハムファイターズの2chまとめ特化サイトです!北海道日本ハムファイターズファンの方々へ有益な情報を発信してきたいと思います。

    球団

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★ 2019/01/23(水) 18:32:59.05 ID:r/ajJFGE9
    プロ野球・日本ハムが本拠の北海道内で自治体との人材交流を進めている。球団が元選手の職員を派遣し、自治体が雇用する。
    球団は地域貢献、自治体は地域活性化を描く試みは、選手引退後のセカンドキャリア創出にもつながる可能性も秘めている。

    ■若者流出に危機感

    現在、自治体職員になっている元選手は2人。浅沼寿紀さん(29)が2016年4月からオホーツク海に面した紋別市教育委員会、池田剛基さん(34)は昨年4月から十勝地方の足寄町教育委員会で働く。
    2人とも道内出身で、業務内容は地元高校の野球部コーチや、小中学生へのスポーツ指導などで、任期は5年。その後は自治体に残って正規職員として採用されるか、球団に戻るか選べる。

    人材交流は、紋別市からの球団への提案がきっかけで始まった。「15年、紋別高野球部は部員不足で助っ人がいないと大会に出られなかった。高校の衰退は地域の活力を奪う」と宮川良一市長(64)。
    市内では私立大が05年に撤退しており、若者流出への危機感が高まっていた。部活強化やスポーツ振興を図り、高校や地域の魅力向上につなげたい思いがあった。

    ■野球人口が激減

    球団も、13年から道内自治体と体力づくりや地域振興で協力するパートナー協定を結ぶなど、地域との関係をさらに深めようとしていた。
    荒井昭吾・コミュニティーグループ長(46)=1月からチーム管理部部長代行=は、「北海道の野球人口は少子化の3倍のスピードで減っている。自治体と球団の思いが合致しました」と振り返る。

    派遣された2人にとっては、高校野球と関われる点が大きかった。現行制度では現役プロ選手、球団職員は高校生を指導できない。
    浅沼さんは「野球しかやってこなかったので期待と不安があったが、今後の人生のためにもなると思った」。
    池田さんは、「将来的に指導者には興味があった。自分の経験を地域に還元もしたい」と足寄行きを自ら志願した理由を語る。

    浅沼さんが指導陣に入る紋別高野球部は昨夏、地区大会を突破して北北海道大会に初進出。8強入りも果たした。
    一方の足寄高は1学年2クラスの小規模校。野球部も単独チームは組めないが、「何もないところから作り上げる。私が高校時代を過ごした鵡川がそうでした」と池田さん。

    自分の仕事を地域の活力につなげたいと、誓っている。(山下弘展)

    1/22(火) 22:32配信 朝日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00000124-asahi-spo



    引用元: ・【野球】<日本ハム>元選手を自治体へ派遣!「北海道の野球人口は少子化の3倍のスピードで減っている。自治体と球団の思いが合致した」

    【【野球】<日本ハム>元選手を自治体へ派遣!「北海道の野球人口は少子化の3倍のスピードで減っている。自治体と球団の思いが合致した」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/28(金) 08:15:51.02 ID:CAP_USER9
    日本ハムが、清宮の弟・福太郎内野手を来春から本格マークすることが28日、分かった。
    現在中学3年生で早実に進学予定の15歳について、吉村GMは「気になる。能力は高い」と早くも高評価。
    3年後のドラフトを見据え、金の卵を、入学時から徹底的に追い始めるつもりだ。

    すでに兄に負けない素質と経歴を持つ。
    右打ちの弟は、小学生時代に所属した北砂リトルで15年に米国で行われたリトルリーグワールドシリーズを制覇。
    12年に世界一になった兄に続いた。中1で出場し特大本塁打を放った兄に対し、小6で本塁打をマーク。
    調布シニアでは投手と内野手をこなす二刀流として活躍している。
    兄の幸太郎も1年前に「対決したら抑えられちゃいそう。
    弟が投げて、自分が打って勝つ? それ、いいですね!」と笑うなど、弟のポテンシャルの高さを認め共闘を待ち望む。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00430350-nksports-base
    12/28(金) 4:45配信


    引用元: ・【野球】日本ハムが清宮弟の中3福太郎を来季から本格マーク

    【【野球】日本ハムが清宮弟の中3福太郎を来季から本格マーク 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ばーど ★ 2018/12/15(土) 12:49:48.77 ID:CAP_USER9
    日本ハムファイターズのボールパーク(BP)建設に伴うアクセス道路建設で、北海道自然保護協会は14日、国の特別天然記念物・野幌原始林への影響が懸念されるとして、ルート変更を求める要望書を北広島市へ提出した。ガラス張りの球場も、鳥が衝突する危険性などがあるとして再考を促した。

     要望書は、北広島、江別両市の3自然保護団体との連名。市は、21日に4団体との意見交換会を開く。

     要望書では、アクセス道路「東西ルート」(2・6キロ)を、環境に多大な影響を及ぼすとして再検討を求めた。新球場を取り囲む市道(2車線)の4車線化も、森林の伐採につながるとして撤回を要求した。

     在田一則・道自然保護協会長は「一帯の森林が周辺の環境に果たす役割は計り知れない。森を破壊しない方策を考えてほしい」と話している。

     市は、東西ルート建設を2023年3月のBP開業に間に合わせる予定で、道道への昇格も内定している。

    2018年12月15日 09時00分
    YOMIURI ONLINE
    https://www.yomiuri.co.jp/eco/20181214-OYT1T50142.html?from=ytop_main3


    引用元: ・【北海道】鳥が衝突し危険…日ハム「ガラス張り球場」に再考促す 北海道自然保護協会

    【【北海道】鳥が衝突し危険…日ハム「ガラス張り球場」に再考促す 北海道自然保護協会 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/12/15(土) 09:10:02.27 ID:mQRPQsHs0
    日本ハムが23年開業を目指す新球場に関する記者説明会が12日、都内の電通本社ビルで行われた。

    11月5日に発表されたイメージ動画が放映され、新球場建設の準備会社として設立された「北海道ボールパーク」の三谷仁志取締役らが概要を説明した。

    日本初の開閉式屋根を持った天然芝球場を作る。スタンド席は約3万2000席、球場外も含めて約3000人が立ち見で試合を観戦することを想定している。
    周辺施設も北海道らしい自然があふれたエンターテインメント施設を配置予定で、国内外から幅広く事業参加するパートナー=企業を探している。

    三谷取締役は「日本もスポーツを産業に、という中で課題はハードにあると思っていました」と話した。
    プロ野球界のハードは球場だ。現状は野球を見たい、ひいきのチームを応援したいから球場へ足を運ぶことがスタンダード。
    プロ野球開催日でなければ、イベントがないと球場周辺は閑散としている場所も多い。

    新球場では「楽しい施設があるから」「あの食べ物がおいしいから」「仲間と会えるから」といったように球場へ足を運ぶきっかけも多様になるような仕掛けを施していく。
    従来の「野球を見る場所」から「人々が集う場所」へ変貌すれば、社会・地域の新たなコミュニティーを創造することにも寄与できる。

    現状では、めったにない平日デーゲームを多くするプランもある。三谷取締役は「平日の昼なら会社員の方が商談の場として球場を使用することもできる」と例を挙げた。また、働き方改革が叫ばれる昨今。
    日本ハムの試合に合わせて仕事を切り上げたり、福利厚生としてデーゲーム観戦を取り入れる企業が現れるかもしれない。そうやって、これまで球場と縁のなかった新規の来場者が増えれば、再び足を運んでくれるリピーターにつなげられる可能性も生まれる。

    日本ハムの新球場建設は、日本におけるスポーツビジネスの概念を変える可能性が高い。そのためには魅力いっぱいのボールパークにする必要がある。
    三谷取締役は集まった報道陣へ「共同創造空間です。みなさんからも、いろいろなご提案をいただければと思います」とお願いした。世界一のボールパーク建設へ、幅広く意見を聞きながら進んでいく。【木下大輔】

    https://www.google.com/amp/s/www.nikkansports.com/m/baseball/news/amp/201812120000625.html

    引用元: ・【朗報】日ハム新球場、平日デーゲームを増やし商談の場所として活用へ

    【【朗報】日ハム新球場、平日デーゲームを増やし商談の場所として活用へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/12/14(金) 18:15:19.69 ID:CAP_USER9
     日本ハムが2023年に北海道北広島市に開業を予定している新球場に関して、新球場建設の準備会社「北海道ボールパーク」が12日に都内の電通本社ビルで記者説明会を行った。

     建設費約600億円を見込むビッグプロジェクトは、収容人数3万5000人、日光を採り入れるガラス製の開閉式屋根と総天然芝を予定する。実現すれば日差しにあふれ、寒さとも無縁の“夢の新球場”だが、最も大切な交通アクセスの問題が横たわっている。

     この日登壇したのは、同社取締役でボールパークファシリティ部長の三谷仁志氏。同氏は日本ハム球団の事業統括本部副本部長を兼務している。

     説明会では交通アクセスに関する質問が続出。JR札幌駅から北広島駅までは最短16分で、一見問題はなさそうだが、その北広島駅から建設予定地の北広島総合運動公園までの徒歩20分が問題となっている。

     「鉄路と道路でどう分担するのかを考えなくては」と結論が出ていない。球団関係者が期待を寄せるのは、球場に隣接する新駅の建設だが「鉄路に関してはJR北海道や北広島市と協議をしているが、結論はまだ出ていない」と三谷氏。

     赤字体質のJR北海道が自治体の協力を得たとしても、ここからの5年で新駅を建設できる体力があるのかという点が1つ。さらに、札幌と新千歳空港を結ぶ千歳線は、貨物ターミナル駅やフェリー乗り場がある苫小牧市からの貨物列車も走る道内トップの輸送密度。野球シーズンの半年間とはいえ、1万人超の想定人員を輸送する許容量が残されているのかという疑問もある。

     三谷氏は「新駅の建設を前提にせず、既存駅をベースにBRT(バス高速輸送システム)や、移動のピークをずらす仕組みやパークアンドライド、自動運転車などの組み合わせも考える」と新たな交通システムの導入を視野に入れる。

     人員輸送の不安さえ解消されれば、世界に冠たるボールパークが実現しそうだが…。(片岡将)

    12/14(金) 16:56配信 夕刊フジ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000012-ykf-spo

    引用元: ・【野球】日本ハム“夢の新球場”計画始動も… 課題は「駅から徒歩20分」

    【【野球】日本ハム“夢の新球場”計画始動も… 課題は「駅から徒歩20分」 】の続きを読む

    このページのトップヘ