THE 北海道日本ハムファイターズ

北海道日本ハムファイターズの2chまとめ特化サイトです!北海道日本ハムファイターズファンの方々へ有益な情報を発信してきたいと思います。

    人事

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/12/25(火) 12:45:35.57 ID:nk+IpHN6pXMAS
    台湾・ラミゴから日本ハムに入団する王柏融(ワン・ボーロン)外野手(25)の通訳として、阪神やソフトバンクでプレーした蕭一傑(しょう・いっけつ)氏(32)が最有力候補に挙がっていることが24日、分かった。

     同氏は台湾出身で、高校時代に宮崎・日南学園高に野球留学。奈良産大に進学後は最速148キロの直球を武器に主力として活躍し、08年ドラフト1位で阪神に入団した。だがプロの壁にぶつかって12年オフには戦力外通告を受け、ソフトバンクと育成選手として契約。
    翌13年に再び自由契約となった後、台湾プロ野球・富邦に入団したが、今季限りでの現役引退を決断。日本球界では通算5年で2試合に登板して0勝1敗、防御率2・16の成績だった。

     台湾球界関係者によると、王の関係者が蕭氏の日本語能力を高く評価。通訳としてのオファーを行い、王や日本ハムとの面接も行われた模様だ。過去に選手から通訳に転身した外国人としては、
    阪急でプレーしたロベルト・バルボン氏(85)や故・ボビー・マルカーノ氏、ヤクルトでプレーした後、17年シーズン途中から日本ハムで務めるラファエル・フェルナンデス氏(32)がいるが、珍しいケースだ。

     同氏は高校時代から10年以上にわたる日本での生活経験があり、プロ野球事情にも精通。台湾以外でのプレーが初となる王にとっては、これ以上ない心強い味方となるはずだ。
    球団は来季に向けて、桐蔭学園元コーチの坂本晃一氏(51)をスカウトとして招くなど、日本ハムらしい既成概念にとらわれないリクルートでチーム強化を進めている。16年以来のリーグ優勝、日本一へ向けて“台湾の至宝”を全力でバックアップする態勢を整える。 

    引用元: ・【朗報】日本ハム、元阪神ソフトバンクの蕭一傑を獲得へwww

    【【朗報】日本ハム、元阪神ソフトバンクの蕭一傑を獲得へwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/10/29(月) 15:29:32.11 ID:ZILg7v0I0NIKU
     日本ハムは29日、来季投手チーフコーチに木田優夫GM補佐(50)と、鶴岡慎也捕手(37)のバッテリーコーチ兼捕手の就任を発表した。

     木田GM補佐は現役時代は日米8球団でプレーし、15年から現職でチームを支えてきた。31日の沖縄秋季キャンプから指導をスタート。今度は日米通算74勝、51セーブをマーク。5シーズンぶりにユニホームを着ることになる。

     木田GM補佐には、ドラフト1位で指名した金足農・吉田輝星の育成も期待される。異色の新コーチは31日に沖縄・国頭で始まる秋季キャンプから、指導者としてのキャリアをスタートする。

     鶴岡は今季、ソフトバンクから古巣の日本ハムに戻り101試合に出場。来季からコーチ兼任となる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181029-00000109-spnannex-base

    引用元: ・【速報】日ハム鶴岡、来季からコーチ兼任捕手に

    【【速報】日ハム鶴岡、来季からコーチ兼任捕手に 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/10/29(月) 04:43:21.42 ID:ZILg7v0I0
    日本ハムの来季1軍投手コーチに木田優夫GM補佐(50)が就任することが28日、分かった。今日29日にも発表される。

    14年に現役引退後、15年から現職に就任。日米8球団を渡り歩いた経験、人脈を生かして編成面でチーム強化のために尽力してきた。初のコーチ業となるが、戦力の現状は把握している。覇権奪回へ、投手陣をレベルアップさせられる適任者として白羽の矢が立った。

    チームを「背広組」として支えてきた木田GM補佐が、現場で栗山監督を支える。来季の1軍首脳陣に投手コーチとして入閣することが決まった。
    初のコーチ業だが、投手陣のデータは頭に入っている。今季まで4年間は編成部門の要職を務めてきた。選手個々の現状を把握しているメリットは大きい。

    豊富な経験値をベースにした投球のノウハウを、投手陣に伝える。86年ドラフト1位で巨人に入団後、14年に現役を退くまで日米8球団に所属した。先発、中継ぎ、抑えを全て経験。 
    たゆまぬ努力と衰えぬ向上心から身につけた多くの技術的な“引き出し”があったから、28年間も現役を続けられた。 
    これまでも助言することはあったが、今後はより深く接して経験を伝授することが可能になる。 

    GM補佐として日本ハムにフロント入りした15年以降は、アマチュア選手の視察や外国人選手の調査で渡米するなど、編成業務にまい進してきた。 
    昨年のドラフト会議では1位入札で7球団競合となった清宮の交渉権を左手で引き当て、時の人にもなった。 
    今年、外れ1位で交渉権を獲得した金足農・吉田輝星投手(17)についても、特長や課題を球団と共有している。金の卵をどう育成するのか、注目が集まる。 

    31日から沖縄・国頭で始まる秋季キャンプから、木田投手コーチとしてスタートを切る。スーツ姿を卒業し、12年シーズン以来6年ぶりに日本ハムのユニホームに袖を通す。 
    今季はリーグ制覇を逃した要因の1つとなった先発陣の立て直しなど、強固な投手陣の再構築へ、経験をフルに生かす。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181029-00376027-nksports-base


    引用元: ・日ハム木田GM補佐、1軍投手コーチ就任ww

    【日ハム木田GM補佐、1軍投手コーチ就任ww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/10/12(金) 05:29:36.90 ID:4B8O5O4L0
    日本ハム栗山英樹監督(57)が来季続投することが11日、分かった。7年目の今季は2年ぶりのAクラスとなる3位でレギュラーシーズンを終了。
    昨オフに大谷や増井ら主力が抜けた中、巧みなチームマネジメントで夏場まで優勝争いを繰り広げた。

    球団は経験の少ない若手も積極起用しながら成長を促し、7年でリーグ優勝2度、Aクラス5度の手腕を評価。この日までに続投の方針を固めた。シーズン終了後に正式要請を行う見込み。

    受諾は確実な見通しで、来季で就任8年目となる。連続在任年数では76~83年の大沢啓二氏に並んで球団最長。
    尊敬する水原茂氏が前身の東映時代に在任した7年(61~67年)を超える。

    投手陣では上沢や石川直が台頭。野手陣も渡辺、清水ら次代を担う芽が伸びつつある。ルーキー清宮の育成もテーマの1つだ。

    最終戦となった11日のロッテ戦に快勝。試合後のセレモニーでは「日本一になるチャンスがあります。全員で目いっぱいぶつかって、クライマックス(CS)を突破し、北海道に帰って来ます」と誓った。
    短期決戦を勝ち抜き、来季に向かう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00359243-nksports-base

    引用元: ・日ハム栗山監督が来季も続投 大沢親分に並び球団最年長

    【日ハム栗山監督が来季も続投 大沢親分に並び球団最年長 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/10/16(火) 20:10:38.00 ID:DyitCO/N0
    日本ハム退団の吉井コーチ無念「ファイターズは新しい道を進むと言っていた」

    今季限りで日本ハムを退団することが球団から発表された吉井理人投手コーチ(53)が16日、自身のブログを更新。無念さをにじませた。

    吉井コーチは「みんな、頑張ったのですが、力尽きてしまいました。でも、選手たちは、最後までよく戦ったと思います」と選手たちの頑張りを労った後で
    自身の去就について触れ「さて、わしは、ファイターズでの役目を終え、今季限りで退団することになりました。(ファイターズは新しい道を進むと言っていた)」と退団を報告。

    吉井コーチは「みんな、頑張ったのですが、力尽きてしまいました。
    でも、選手たちは、最後までよく戦ったと思います」と選手たちの頑張りを労った後で自身の去就について触れ「さて、わしは、ファイターズでの役目を終え、今季限りで退団することになりました。(ファイターズは新しい道を進むと言っていた)」と退団を報告。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000130-spnannex-base


    引用元: ・【悲報】日ハムを退団する事になった吉井コーチ やっぱり誰かと揉めていた

    【【悲報】日ハムを退団する事になった吉井コーチ やっぱり誰かと揉めていた 】の続きを読む

    このページのトップヘ