THE 北海道日本ハムファイターズ

北海道日本ハムファイターズの2chまとめ特化サイトです!北海道日本ハムファイターズファンの方々へ有益な情報を発信してきたいと思います。

    2019年03月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/24(日) 09:49:38.82 ID:7mlOweay9
    「全然ですよ! 去年もね、この時期は良くて……バッターがまだ活きたボールに慣れてなくて、ピッチャー有利じゃないですか? 
    騒いでもらえるのはありがたいですけど、僕自身は『まだまだこれからでしょ』って感じです」

    3月9日、阪神とのオープン戦に先発した斎藤佑樹(30)は、2回を投げて無安打無失点に抑えた。
    その後も、無安打ピッチングを続け、3月18日にアスレチックスに本塁打で1点を取られるまで、無安打無失点と調子の良さをうかがわせた。
    スポーツ紙やネット上では「覚醒」「開眼」なんて文字が躍り始めたのだが――鎌ケ谷(千葉)の二軍施設で斎藤を直撃すると、拍子抜けするほど冷静だった。

    だが、スポーツ紙日ハム担当記者は「スピードこそ出てないが、例年とはボールのキレが違う。お辞儀していたストレートがピュッと伸びている。
    ストライク率も10%近く上昇した」と“9年目の覚醒“を目の当たりにしている。
    たしかに、甲子園で福留孝介(41)から三振を奪ったカットボールはキレていた。そう伝えると、斎藤の表情が少し緩んだ。

    「スピードよりキレが大事だと、やっと気づいたというか――いや、4~5年前から気づいていたけど、実践して試す勇気がなかった。
    自主トレ、キャンプとキレ重視のフォームを作り上げてきても、いざバッターと相対すると『打たれたくない』と、ついつい力が入ってしまって、バラバラになる。その繰り返しでした」

    現在、大事にしているのは「下半身」と「脱力」だ。
    軸足にグーッと力を溜(た)め、なるべく打者の近くまで踏み込んでから、「ボールをリリースする瞬間だけ、上半身に力を入れる」のだと斎藤は言う。

    「あとは気持ちですね。『抑えろ、抑えろ』と自分に言い聞かせながら投げたり。たしかにここ4~5年では、一番うまくいっているとは思います。
    ただ、もしかしたら、どこかで力が入ってしまうかもしれない。
    『力を抜く』って、言うは易しなんですよ。実行するのは本当に難しい」

    ――謙虚ですね。

    「フハハハ! “無双“って言っても、まだトータルで7イニングしか投げてないんですよ? 謙虚っていうか、事実を述べてるだけです。プロで8年もやってるわけですから、さすがに……(笑)」

    三十路(みそじ)に入ったハンカチ王子が、ついに新境地を切り拓く――かもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190324-00010000-friday-base

    引用元: ・【野球】日ハム・斎藤佑樹「9年目の覚醒」はホンモノか 「スピードよりキレが大事だと、やっと気づいた」

    【【野球】日ハム・斎藤佑樹「9年目の覚醒」はホンモノか 「スピードよりキレが大事だと、やっと気づいた」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2019/03/24(日) 18:10:51.41 ID:NGDpFCMCp
    オープン戦最下位→確定
    シーズン最下位→Bクラスは確定

    二軍最下位→どう考えても確定

    引用元: ・北海道日本ハムファイターズさん、今年の見どころがもうどこにもない

    【北海道日本ハムファイターズさん、今年の見どころがもうどこにもない 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2019/03/23(土) 18:43:08.20 ID:wenv5OAC0
    日本ハム近藤健介外野手(25)と浅間大基外野手(22)が23日、腰の張りのためヤクルト戦(札幌ドーム)を欠場した。

    試合前練習は別メニューを消化していた。2人ともヘルニア手術を受けたことがあり、大事を取った模様。オープン戦最終戦となる24日の同戦出場は、当日の状態を見て判断される。 

    引用元: ・【終戦】日ハム近藤と淺間、腰の張りでヤクルト戦欠場

    【【終戦】日ハム近藤と淺間、腰の張りでヤクルト戦欠場 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/21(木) 09:45:09.54 ID:q0LahFRv9
    斎藤佑樹(30)がメジャー戦術で一軍定着となるかもしれない。

    シアトル・マリナーズがオークランド・アスレチックスと日本で開幕戦を行う。
    マリナーズが巨人とのプレシーズンマッチを行った3月18日、アスレチックスも日本ハムと戦っていた。その重要な一戦の先発マウンドを託されたのが、斎藤だった。

    2回1失点。打者9人と対戦、全31球、被安打1、四球2、奪三振1。相手はメジャーリーガーである。上出来と言っていい。

    「2イニング目を終え、斎藤がベンチに帰ってきたとき、栗山英樹監督(57)が近づいて行きました。
    後で何を話したのかを聞いたら、『交代させるから、ゴメン』と。交代の理由は他投手の調整のためと説明したそうです」(スポーツ紙記者)

    一般的に、先発投手の責任イニングは5、6回と言われている。そこに中継ぎ専門のセットアッパー2、3人が登板し、クローザーが9回を締めて終わる。
    ペナントレース本番も近いだけに、先発マウンドを任されたピッチャーはある程度、
    長いイニングを投げなければならない。好投していた斎藤の降板がアナウンスされると、スタンドのファンも少し驚いていた。

    しかし、アスレチックス・ベンチは“違和感”を持たなかった。

    同試合を観戦していたア・リーグ中部地区チームのスカウトがこう質問してきた。

    「『オープナー』という投手継投策が、メジャーでははやりなんだ。ファイターズもサイトーをオープナーで使っているのかい?」

    オープナーの戦術とは、先発ピッチャーに打者1巡をめどに2イニング程度しか投げさせないこと。
    その後、セットアッパーのピッチャーを3、4人投入するか、本来ならば先発で投げていたはずのスターターを出す新・継投策だ。

    「スターター(先発)は立ち上がりが悪く、試合の中で投げながら、調子を上げていくタイプが多い。
    初回に失点すると、試合の主導権を奪われてしまうから、そこをしのぐためにセットアッパータイプのピッチャーを先に出すんだよ」(前出・同)

    たしかに、斎藤が相手打線につかまるのは、「打者2巡目以降」というパターンが多かった。

    打者1巡、1番から9番までにしか投げさせないと決めて投げさせれば、何とかなるのではないだろうか。

    パ・リーグに詳しいプロ野球解説者もこう言う。

    「斎藤を中継ぎに転向させる案が、一昨年あたりから日ハム内で出ていました。
    2巡目、3巡目を抑える力がないからです。でも、肩を作る(登板準備)のが遅い。だから、リリーフに不向きなんです」

    オープナーに専念させるとなれば、基本的に先発投手と同じ日程間隔で調整できる。
    中6日も休ませて2イニングしか投げないのはいただけないが、今年31歳になるピッチャーを二軍に置いておくよりはマシだ。戦力として「オープナー専門」で使ったほうがいい。

    栗山監督はメジャーリーグの野球スタイルに詳しい。2回で交代させたとき、斎藤に謝ったというが、本当は「オープナーなら、使える」と確信していたのではないだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1739564/
    2019.03.20 17:30 リアルライブ

    引用元: ・【野球】今年の日本ハム・斎藤佑樹は一味違う! 一軍戦力となりうる秘策とは

    【【野球】今年の日本ハム・斎藤佑樹は一味違う! 一軍戦力となりうる秘策とは 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/19(火) 16:51:29.18 ID:uSoLoC209
    ◆イースタンリーグ 日本ハム―ヤクルト(19日・鎌ケ谷)

    日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)が19日、2軍公式戦デビューを果たした。
    5回から2番手でマウンドに登場。先頭・奥村はストレートの四球で歩かせ、4番・中山には中前打。犠打で1死二、三塁のピンチを背負った。
    苦難の船出かと思いきや、ここからが本領発揮。
    6番・藤井を144キロの速球で左飛に打ち取って2死。
    7番・三輪も144キロの速球で詰まらせ遊ゴロに仕留めピンチを脱した。

    プロ入り後、初の回またぎで登板した6回も先頭から2連続四球。1番・田代の中前打で無死満塁のピンチを背負った。
    川端に中犠飛を打たれ1点を失うも、後続を打ち取り最少失点で切り抜けた。

    1軍移動日のため、鎌ケ谷へ視察に訪れていた栗山監督の前で公式戦デビュー。
    12日の春季教育リーグ・楽天戦(鎌ケ谷)で対外試合デビューした際には、1回を1安打無失点で最速146キロを記録。49球を投じたこの日の最速も146キロを記録した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-00000122-sph-base
    3/19(火) 15:14配信


    引用元: ・【野球】日本ハム 吉田輝星が2軍公式戦デビュー 2回2安打1失点 最速146キロ

    【【野球】日本ハム 吉田輝星が2軍公式戦デビュー 2回2安打1失点 最速146キロ 】の続きを読む

    このページのトップヘ